グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は小動き。ただ不動産値下がりを懸念して中国本土 の不動産株が下げたほか、中国政府が燃料価格を引き下げたことから、 中国石油化工(SINOPEC、386 HK)が売られた。

中国南部の広東省で不動産開発を手掛ける雅居楽地産(アジャイ ル・プロパティ・ホールディングス、3383 HK)は8.8%安。中国 政府系の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は3.5%下げた。 同じく政府系の華潤置地(チャイナ・リソーシズランド、1109 HK) も3.4%安。

SINOPECは4.4%安。燃料値下げに加え親会社がカナダの 石油・天然ガス会社買収で合意したことも売り材料となった。中国当 局は今年初の燃料値下げで、ガソリンとディーゼル油価格を1トン当 たり300元引き下げた。中国国家発展改革委員会(発改委)が発表 した。ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は1.4%安。

ハンセン指数は前週末比4.05ポイント高の17711.06で終了。 一時は1.5%下げていたが引けにかけて持ち直した。46銘柄中、上 昇は23銘柄、下落は20銘柄、3銘柄が変わらず。ハンセン中国企 業株(H株)指数は0.2%安の8869.55。

京華山一の調査担当責任者、キャスター・パン氏(香港在勤)は 「不動産は目先、値上がりが見込みにくくなっており、買い手は今す ぐ購入することに前向きではない」と指摘。「中国政府はまだ不動産 価格修正の途中で、値上がりを容認しないだろう。香港市場は先週の 反発からの修正に直面するかもしれない」と話した。先週のハンセン 指数は週ベースで0.7%高と、5週ぶりに上昇していた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は2009年3月以来の安値 となった。国慶節(建国記念日)連休中の住宅販売の落ち込みが響い たほか、政府の燃料価格引き下げでエネルギー株が値下がりした。

中国の不動産開発大手2社、万科企業(000002 CH)と保利房 地産集団(600048 CH)はいずれも3%を超える下落。先週の住宅 販売が減少したことに加えて、高いインフレ率が金融引き締め策の継 続を示唆していると上海証券報が報道したことが嫌気された。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH) は約2週間ぶりの大幅安。今年初の燃料の値下げを受けて、利益をめ ぐる懸念に拍車が掛かった。中信銀行(601998 CH)や中国民生銀 行(600016CH)も安い。

上海証券の塗軍ストラテジストは「流動性の逼迫(ひっぱく) が一部の小規模企業に打撃を与えており、金融政策に関連する材料は 何であれ、金融株と相場の下げにつながっている」と指摘。「現在の 市場の地合いは非常に弱く、投資家は好材料よりも悪材料に敏感にな っている」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は、前営業日比14.43ポイント(0.6%)安の

2344.79と、09年3月25日以来の安値で終了。上海、深圳両証取 のA株に連動するCSI300指数は同0.9%安の2557.08。

【インド株式市況】

インド株式相場は続伸。ドイツのメルケル首相とフランスのサル コジ大統領が銀行支援策をまとめる方針を表明したことを背景に、欧 州の債務危機悪化で輸出企業に打撃を与えるとの懸念が緩和した。

高級車ブランド、ジャガーとランドローバーを傘下に置くインド の自動車メーカー、タタ・モーターズは2カ月ぶり高値を付けた。売 上高の21%を欧州から得ているソフトウエアメーカーのインフォシ スは3営業日続伸。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比

324.69ポイント(2%)高の16557.23で終了した。タタ・モー ターズ(TTMT IN)は7.3%上げ170.75ルピー、インフォシス (INFO IN)は3.2%高の2589.95ルピーとなった。

独仏首脳は9日、欧州の銀行が十分な資本を確保するために「必 要なあらゆる対策」を講じると表明。サルコジ大統領は11月3日に 開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議までに計画をまとめると約 束した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比38.1ポイント(0.9%)高の

4201.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比6.67ポイント(0.4%)高の

1766.44。

【台湾株式市況】

10日の台湾株式市場は建国記念日の祝日のため休場。取引は11 日に再開される。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比28.00ポイント(1.1%)高の2668.30。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比3.01ポ イント(0.2%)安の1397.04。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比14.00ポイント(1.5%)高の923.17。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比25.40ポイント(0.7%)高の

3451.08。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比31.32ポイント(0.8%)高の

4040.58。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE