インド株(10日):続伸、独仏の銀行支援計画を好感-欧州関連高い

10日のインド株式相場は続伸。 ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領が銀行支援策をま とめる方針を表明したことを背景に、欧州の債務危機悪化で輸出企業 に打撃を与えるとの懸念が緩和した。

高級車ブランド、ジャガーとランドローバーを傘下に置くインド の自動車メーカー、タタ・モーターズは2カ月ぶり高値を付けた。売 上高の21%を欧州から得ているソフトウエアメーカーのインフォシ スは3営業日続伸。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比

324.69ポイント(2%)高の16557.23で終了した。タタ・モー ターズ(TTMT IN)は7.3%上げ170.75ルピー、インフォシス (INFO IN)は3.2%高の2589.95ルピーとなった。

独仏首脳は9日、欧州の銀行が十分な資本を確保するために「必 要なあらゆる対策」を講じると表明。サルコジ大統領は11月3日に 開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議までに計画をまとめると約 束した。