米卸売在庫:8月は予想下回る伸び、非耐久財はマイナス

米卸売在庫の8月の増加は市場予 想を下回った。卸売売り上げに歩調を合わせた在庫調整が背景にある。

米商務省が7日発表した8月の卸売在庫は前月比0.4%増加 した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は0.6%増だった。8月の卸売売上高は1.0%増加(前月0.3%増) と、過去5カ月間では増加率が最も大きかった。

売上高在庫比率は1.16カ月と、過去3カ月と同水準。消費者支 出の縮小と海外需要の低迷を背景に在庫抑制が続く可能性がある。

耐久財の在庫は1.1%増加。東日本大震災による供給網への影響 が緩和され、自動車輸入の大幅増が目立った。一方、非耐久財の在庫 は0.6%減少した。売り上げも0.1%のマイナス。

インサイト・エコノミクスのスティーブン・ウッド社長は統計発 表前に、「製造業者は在庫を絞り込んでいる」と指摘。「製造業部門の 成長は限定的だ」と述べていた。

リックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE