グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が週間ベースで5週ぶりの値 上がりとなった。欧州当局が債務危機で銀行を支援するとの楽観的な 見方を背景に欧州関連銘柄が上げた。高級品販売を手掛ける小売企業 も買われた。

ドイツとスペインに港湾を所有するハチソン・ワンポア(13 HK) は11%高。同社が欧州事業には「極めて回復力がある」との認識を 示したことが好感された。時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホ ールディングス(5 HK)は3.9%高。

中国銀行(香港)(2388 HK)は7%高。宝飾品販売の六福集 団(国際)(590 HK)は10%高。香港観光局主席が、今週の国慶節 の連休中、中国からの訪問者数が増加したと述べたことが材料となっ た。時価総額で中国最大の銅生産会社、江西銅業(358 HK)は13% 値上がりした。

ハンセン指数は前日比534.73ポイント(3.1%)高の

17707.01。週間では0.7%上昇。指数を構成する46銘柄のうち、 値上がりは40銘柄。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比

3.7%高の8887.53。

ジェフリーズ・グループの株式戦略グローバル責任者、ショー ン・ダービー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「概して、政策当局が正しい方向に向かい始めたという感じがある」 と指摘、「市場が望んでいたことを政策当局がしているように見える ため、リスク資産に資金が戻り始めている」と話した。

【中国株式市況】

7日までの中国株式市場は国慶節(建国記念日)の連休のため 休場となる。取引は10日に再開される。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のセンセックス30種指数は1週 間ぶり高値を付けた。輸出見通しが改善したほか、米シティグループ がインド株の投資判断を引き上げたことが手掛かりとなった。

インド2位のソフトウエア企業、インフォシスが輸出銘柄の上げ を主導した。産銅最大手のスターライト・インダストリーズは8.6% 高。ロンドン市場での銅相場の上昇を好感した。

国内最大の銀行、インドステイト銀行は2年ぶり安値から反発し、 2%高となった。国債保有を減らす一方、企業融資を高めるとの同行 のプラティプ・チョードーリー会長の発言を、インド紙エコノミッ ク・タイムズが報じたことがきっかけ。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前営業日比440.13 ポイント(2.8%)高の16232.54で終了した。

通信社プレス・トラスト・オブ・インディア(PTI)の報道に よると、インド政府は輸出企業向けに、先進国の景気減速からの影響 を緩和するための奨励策を導入する可能性がある。

インフォシス(INFO IN)は2.5%上げ2508.70ルピー、スタ ーライト(STLT IN)の終値は113.50ルピー、ステイト銀(SBIN IN)は2%高の1752.30ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比93.0ポイント(2.3%)高の4162.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比49.45ポイント(2.9%)高の

1759.77。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比79.96ポイント(1.1%)高の7211.96。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比37.18ポイント(1.4%)高の2640.30。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比6.36ポイ ント(0.5%)高の1400.05。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.55ポイント(0.5%)安の909.17。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比17.42ポイント(0.5%)安の

3425.68。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比118.74ポイント(3.1%)高の

4009.26。