ECBパラモ理事:政策金利「十分低い」-EFSFレバレッジ協議中

欧州中央銀行(ECB)のゴン サレスパラモ理事は7日、前日の定例政策委員会では政策金利が「現 状で十分低い」と認識されたと話した。

マドリードでラジオ局インテレコノミアのインタビューに応じた 同理事はまた、法的制限の範囲内で救済基金である欧州金融安定ファ シリティー(EFSF)にレバレッジを活用することが協議されてい るとも語った。

理事は欧州連合(EU)の「条約ならびに法的制限が定める範囲 内で基金をどのようにレバレッジするのかという協議を行っている」 と言明。法的制限には中央銀行が直接的に政府の資金調達を支援しな いことが含まれると説明した。

ゴンサレスパラモ理事はさらに、ギリシャがデフォルト(債務不 履行)に陥るとの考えは「ばかげている」とも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Emma Ross-Thomas at +34-91-700-9674 or erossthomas@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE