中国労働コスト上昇で、20年までに米で300万人雇用創出も-FT

中国の労働コスト上昇は、2020 年までに米国での300万人分の雇用創出につながる可能性がある。 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、ボストン・コンサルテ ィング・グループ(BCG)の研究を基に伝えた。研究結果は7日 に公表される。

BCGの研究によると、米国での新規雇用は過去10年間にわた り中国にとって代わられた製造業部門の生産活動で、その反対のい わゆる「リショアリング(ローカル製造)」の動きが見られることに よって生み出されるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 Akobari@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Batchelor in Sydney at +61-2-9777-8674 or vbatchelor@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rebecca Evans at +61-2-9777-8641 or revans6@bloomberg.net