米財務長官:企業の収益性、決めるのは政府の役割ではない-議会証言

ガイトナー米財務長官は6日、オ バマ米大統領の銀行手数料をめぐる発言に対し批判が出ていることに 反論し、同政権は政府が企業の収益性を決定すべきだとは考えていな いと述べた。

ガイトナー長官は下院金融委員会で、「私もそうだが、大統領も、 企業の収益性を決めるのが政府の役割だとは思っていない」と言明。 ABCニュースとの3日のインタビューでオバマ大統領が銀行の手数 料について言及したことについて、金融委のスペンサー・バッカス委 員長(共和、アラバマ州)からの質問に答えた。

大統領はABCに対し、「顧客が不当に扱われているなら銀行に 一定の利益を得る本来の権利などはなく、顧客は公平に透明性を持っ て扱われる必要がある」との認識を示した上で、「これは実際に良い 商慣行ではないと多くの銀行が自らに語りかけるようになるのが私の 願いだ」と述べた。

米銀最大手バンク・オブ・アメリカは、JPモルガン・チェース とウェルズ・ファーゴ、サントラスト・バンクスに続きでデビッドカ ード利用者に対する新たな手数料を導入した。

米金融規制改革法(ドッド・フランク法)に基づく規定が今月か ら施行され、ブルームバーグ・ガバメントの試算によれば、これに伴 い大手米銀の年間収入は80億ドル(約6100億円)減る可能性があ る。このため、銀行業界は新手数料を減収への対応策としている。

米消費者銀行業協会(CBA)のリチャード・ハント代表は4日、 オバマ大統領の発言に「非常に失望した」とのコメントを発表。「デ ビットカード利用者向け手数料に関する全米の銀行による最近の発表 は全て政府の料金規制の結果として広く予想されていたことだ」とし ている。