ベルギーのデクシア、分割に向け前進-3カ国が国内部門の保護目指す

ベルギー最大の銀行デクシアは 分割に向けて前進した。フランスとベルギー、ルクセンブルクは、欧 州の金融システムの根幹を脅かしている債務危機から同行の各国の国 内部門を保護することを模索している。

ルクセンブルク政府は、投資家がデクシアのルクセンブルク部門 の買収に関心を寄せていることを明らかにしたほか、ベルギーのルテ ルム首相は国内で同行を保護するためにはあらゆる措置を講じると表 明。フランスでは国内の自治体向け融資事業の買収計画が持ち上がっ ている。同行の取締役会は8日にこれら選択肢を協議する。

デクシアが解体すれば、株主にはほとんど価値が残らないとの懸 念から、6日の同行の株価は17%下落した。1900億ユーロ(約19兆 6000億円)に達する可能性のある不良資産の扱いをめぐってフランス とベルギーが苦慮している。

ケプラー・キャピタル・マーケッツのアナリスト、ブノア・ペト ラルク氏(アムステルダム在勤)は「国家間で合意に達するのは複雑 だ。予算面の制約もあるし、誰も資金を投じたくはない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE