米ゴールドマン建物前で「ウォール街占拠」の抗議運動-NJ州で

「ウォール街を占拠せよ」のスロ ーガンを掲げる抗議運動が米投資銀行ゴールドマン・サックス・グルー プを標的にする方向に展開し始めたようだ。米ニュージャージー州にあ る同行の建物の外に6日、デモ参加者が集結した。

同州ジャージーシティにあるゴールドマンの建物は金属バリケード で包囲され、30-40人の警官隊・警備員が待機。これに対し、抗議運 動に参加する約50人が集まった。デモ隊が「国民の99%は苦しんでい る」といったスローガンを唱える様子を、ゴールドマンの従業員は窓か ら見守った。

蛍光色の服をまとい自転車でデモの現場に来たパット・ミーニーさ ん(53)は、「ゴールドマンとつながりのある政府関係者が多過ぎる。 ゴールドマンの影響力は大き過ぎる。彼らは米国の金持ちに見方してい るようだ。これは全ての米国人のためにならない」と話した。

州都トレントンでも州議会議事堂の向かいに集結した36人前後の デモ隊の数は当初、報道関係者を下回っていたが、1時間以内に約75 人に膨れ上がった。デモ参加者からは、企業の貪欲な経営体質や政治へ の金銭的影響力、戦争、環境問題をめぐる意見が相次いで出された。

ゴールドマンの広報担当スティーブン・コーエン氏はコメントを控 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE