オバマ米大統領:銀行は新手数料導入の「言い訳」に金融規制を利用

オバマ米大統領は6日、銀行は新 手数料の導入を政府が阻止することはできないと言いながら、新たな 金融規制を利用客から手数料を徴収する「言い訳」に利用していると 批判した。

大統領はホワイトハウスでの記者会見で、「銀行は利用客から手 数料をさらに徴収するための言い訳に金融規制を使っている」と指摘。 利用客のために価格や慣行の透明性を一段と高めることが、金融機関 に競争圧力を加えることになると語った。こうした問題を踏まえ、大 統領は自身が指名した消費者金融保護局(CFPB)局長の承認を上 院に急がせたい意向だ。

ニューヨーク市からサンフランシスコにまで広がりを見せるウォ ール街への抗議デモは、金融システムに対する国民の不満を表してい る。

米銀行最大手のバンク・オブ・アメリカ(BOA)はデビットカ ード利用客に対して手数料を導入する予定。米金融規制改革法(ドッ ド・フランク法)に基づく新規制が今月から施行される中、競合のJ Pモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴ、サントラスト・バンク スも利用客から手数料を徴収する。

ブルームバーグ・ガバメントが集計したデータによれば、デビッ トカードの取引手数料上限規制の影響で、米銀大手の年間収入は80 億ドル(約6100億円)減少する可能性がある。