ブラジル株:ボベスパ指数は1カ月ぶり大幅高-資源・商品株が高い

6日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が続伸し、1カ月ぶりの大幅高となった。欧州当 局が金融機関への支援を拡大するとの観測や、米国の雇用に関する楽 観的な見方から商品価格が上昇し、ブラジル大手企業の業績見通しが 改善した。

指数に占める比重が最大のブラジル石油公社(ペトロブラス)と ヴァーレは原油・金属相場高を受けて値上がり。中南米最大の鉄鋼メ ーカーのジェルダウは8営業日ぶりに上昇し、鉄鋼株の上げを主導し た。米国の同業社を買収することで合意したと発表した自動車部品メ ーカーのイオシペ・マキシオンは15%高となった。

ボベスパ指数は前日比2.5%高の52290.37と、9月6日以来の 大幅高で終了。同指数構成銘柄のうち値上がりは56銘柄、値下がり は12銘柄。通貨レアルは2.6%高の1ドル=1.7857レアル。

証券会社オクト・インベスチメントスのアナリスト、フェルナン ド・ゴエス氏は、世界の見通しが改善すると、投資家はブラジル株に 投資をシフトし始めると説明した。