米ケルサ:中国ヘッジファンドの規模を約5倍に-運用成績好調で

米資産運用会社ケルサ・キャピ タル・グループは、同社の中国ヘッジファンドの規模をほぼ5倍の2 億5000万ドル(約192億円)にする計画だ。同ファンドは、低迷 する中国株を大きく上回るパフォーマンスとなっている。

中国経済に焦点を絞る「ケルサ・キャピタル・チャイナ」の現在 の運用資産は約5500万ドル。年初から9月末までのリターン(投資 収益率)はプラス7%を超えた。創業パートナーのケントン・レオ氏 が明らかにした。

中国企業の香港上場株に主に連動するMSCI中国指数は同じ時 期に26%余り下落。シンガポールのユーリカヘッジによると、アジ アに焦点を絞ったヘッジファンドのリターンはマイナス約7%だった。

レオ氏は「パニックが好機をもたらす」と述べた。同ファンドは、 相場の上昇と下落からともにプラスのリターンを上げることを目指し ている。まずはファンドの資本保持に軸足を置き、市場のパニックが 向こう1年半から2年かけて落ち着く間に投資を進めていくと同氏は 説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE