日産自:ブラジルで組み立て工場建設へ、1100億円規模-販売増狙う

日産自動車は26億レアル(約1100 億円)を投じてブラジルのリオデジャネイロ近郊に組み立て工場を建 設する。急成長しているブラジル自動車市場での販売を増やすととも に、海外での生産拡大を目指す。

日産が6日発表した資料によれば、リオデジャネイロの西方約 160キロメートルに位置するレセンデの工場では、Vプラットフォー ム(車台)をベースに乗用車と多目的車を生産する。生産能力は20 万台。2000人を雇用する。操業開始は2014年の予定。同社は6月に 同工場建設の方針を発表していた。

日産と仏ルノーの最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ ゴーン氏は1日、ブラジルのルセフ大統領との会談後の記者会見で、 「ブラジルは年末までに、日産・ルノーにとって世界で2番目に大き な市場となるだろう」と述べていた。

日産のブラジルでの市場シェアは1.7%。1年前に比べて2倍以 上となった。同社によると、16年までにシェアを少なくとも5%に引 き上げることを目標にしている。