タイの洪水被害、ホンダやソニーの操業に影響の恐れ-死者244人

過去50年で最悪の洪水被害に見 舞われたタイでは、同国を生産拠点とする自動車やエレクトロニクス メーカーの操業が脅かされている。洪水による死者数は244人に達し た。

タイの災害予防軽減局は6日にウェブサイトで、7月25日以降 の大雨の影響で77県のうち59県で洪水が発生し、このうち28県は 浸水した状態が続いていると発表した。ホンダやソニーの工場がある アユタヤ県の工業団地近くでは操業停止に追い込まれた施設もあり、 両社にも被害が及ぶ恐れがある。

タイ工業連盟のバイスプレジデント、タニット・ソラット氏は電 話取材で、「状況は悪化しつつあり、工業分野で深刻な被害につなが る恐れがある」と指摘、「アユタヤ県には繊維製品向けの原材料や自 動車部品を生産する大きな工場が多い。これらが浸水すれば、甚大な 影響が出るだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE