中国の中信証券株が下落、香港市場の取引初日-割安株に資金流れる

中国の証券会社、中信証券(C ITIC証券)は香港市場での取引初日の6日、新規株式公開(I PO)価格比で下落。投資家の資金は株価が低水準にある他社に流 れている。

中信証券株は、香港時間午前9時49分(日本時間同10時49 分)現在、IPO価格比0.9%安の13.18香港ドル。一時4.5%安ま で下落していた。IPOは1株当たり13.30香港ドル。9億9530 万株が対象で、132億香港ドル(約1300億円)規模だった。

招商証券のマネジングディレクター、ロナルド・ワン氏は電話 インタビューで、「既に流通している一部の優良企業のバリュエーシ ョン(株価評価)は極めて低い」と指摘。そうした状況で「IPO 価格が割安ではなくリスクも高めだとしたら、投資家が参加する理 由があるだろうか」と問い掛けた。