「iPhone4S」販売の米通信業者、通信速度でAT&Tに軍配か

米アップルが発表した新型スマー トフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4S」に より、携帯電話サービスで米2位のAT&Tが競争で優位に立つ可能 性がある。

アップルによると、AT&Tが提供する「4S」対応の回線は、 同業最大手のベライゾン・ワイヤレスや今秋からアップル端末の販売 を開始するスプリント・ネクステルの回線と比べ、最大2倍の速度と いう。アップルは4日、「4S」を発表した。

TEAMファイナンシャル・マネジメントのジェームズ・デーリ ー最高投資責任者(CIO)は、この結果が新規顧客の獲得でAT& Tにとって有利に働くとみている。

同氏はインタビューで、AT&Tには「競争上の優位性」がある だろうと指摘。「勢いがベライゾンからAT&Tに再びシフトする可能 性がある」と述べた。デーリー氏はアップル株を保有している。

AT&Tが販売する「4S」は「HSPA」と呼ばれる高速パケ ット通信規格に対応している。これに対して、ベライゾンとスプリン トは「CDMA」(符号分割多元接続)と呼ばれる技術を使っている。

-- Editors: Peter Elstrom, Ville Heiskanen

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Moritz in New York at +1-212-617-5460 or smoritz6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Elstrom at +1-212-617-7884 or pelstrom@bloomberg.net