新興国通貨が上昇、トルコとロシアがドル売り介入強化

5日の外国為替市場では新興国通 貨が上昇。トルコ・リラは過去最安値水準から反発した。新興国資産 の値下がりを食い止めるため、トルコとロシアの政策当局は外貨準備 の売却を一段と進めた。

トルコ中央銀行は5日、過去最高となる7億5000万ドル(約 580億円)のドル売り・リラ買い入札を実施。8月5日以降の市場介 入額は総額でほぼ40億ドルに達した。ロシア中銀のイグナチェフ総 裁はモスクワで5日、「通常より規模の大きい」11億5000万ドルの ドル売りを前日に実施したことを明らかにした。先月は80億ドルの ドル売りを行ったとしている。

ニューヨーク時間午後5時(日本時間6日午前6時)現在、リラ は対ドルで1%上昇、ルーブルはドルに対し0.5%高。ブルームバー グがデータを取る主要な25の新興国通貨のうち24通貨が対ドルで上 昇した。