欧州銀の救済コスト、2兆ドルに上る公算も-ブラックロック会長

世界最大の資産運用会社、米ブラ ックロックのローレンス・フィンク会長兼最高経営責任者(CEO)は 5日、各国政府と民間部門は欧州の銀行救済に最大2兆ドル(約153 兆円)の支出を迫られる可能性があるとの見方を示した。

フィンク会長はトロントでのイベントに際し、「欧州安定化のコ ストは非常に高い」と指摘。「数兆ドルに達する可能性もある」と語っ た。同会長は9月14日、欧州各国政府は米国が実施した問題資産購入 計画(TARP)のような救済策を講じる必要があり、その規模は最大 1兆ドルとなる可能性があると述べていた。

欧州の債務危機が深刻化しているとの懸念を背景に、世界の株式 市場はここ2カ月間に大幅下落。フィンク会長は「現在はヒステリー現 象が大きく広がっており、恐らく投資の好機だ」と指摘した。会長によ ると、45カ国・地域の株式相場を示すMSCIオールカントリー世界 指数が5月2日から9月30日までに22%下落したことを受けて、同社 は今週、米モルガン・スタンレー株を含む株式を購入した。ブラックロ ックの運用資産は6月末現在で3兆6600億ドル。