日本株5日ぶり反発、欧州や米景気懸念和らぐ-輸出、素材中心買い

東京株式相場は5営業日ぶりに反 発。欧州債務問題への懸念が和らいだ上、米国の雇用関連指標の改善 も好感され、半導体など輸出関連、非鉄金属など素材・資源関連中心 に買われた。アナリストの強気評価も追い風となった住友電気工業は 急反発し、非鉄金属は東証1部の業種別上昇率首位。

TOPIXの終値は前日比10.61ポイント(1.5%)高の736.86、 日経平均株価は139円4銭(1.7%)高の8522円2銭。

国際投信投資顧問の山内一三副社長は、「銀行不安が株安につなが り、また銀行株安を招くという不安の連鎖を断ち切るには、銀行に十 分なほどの資本を強制的に注入するしかない」と指摘。今回の欧州金 融機関のデクシア支援のケースは個別対応にとどまり、抜本的な解決 策ではないが、「マーケットはいったん安心する」との認識を示した。

5日の欧州株市場では、不良資産の受け皿となる「バッドバンク」 設立計画が好感され、ベルギーとフランス両政府が出資する金融機関 デクシアは5営業日ぶりに反発。仏銀行大手のBNPパリバやイタリ ア、ドイツの大手銀行も急伸し、これらの影響で欧米株式は上昇した。 きょうの為替市場は、ユーロが対ドル、対円で落ち着いた動きだった。

また、給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プ ロセッシング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが5日に発表し た集計調査によると、9月の米民間部門の雇用者数は前月比で9万 1000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値 (7万5000人増)を上回った。9月の米供給管理協会(ISM)非製 造業総合景況指数は53と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予 想中央値(52.8)よりやや高い水準。

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長によると、「景気指標を見る 限り米国の実体経済はそれほど悪化しておらず、現在の市場心理は景 気を悲観し過ぎている」という。

半導体株の上げ目立つ

欧州問題と景気に関する不安が後退し、きょうの日本株は景気敏 感業種を中心に終始買いが先行。輸出関連の中では、東京エレクトロ ンやエルピーダメモリ、SUMCO、ディスコなど半導体関連株の上 げが顕著だった。きのうの米市場では、半導体の設計や製造の主要企 業で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が3.1%高 と大幅高。大和証券投資情報部の西村由美次長は、「金融株とともに半 導体関連株はこれまでポジティブ材料が見えづらかったが、ファンダ メンタルズの悪化を株価は織り込んだ」との認識を示した。

6日午前には、米アップルのスティーブ・ジョブズ前最高経営責 任者の死去が伝えられたが、アップルの経営戦略に与える短期的な影 響は大きくないと受け取られ、きょうの日本株への影響は限定的だっ た。一方、発表されたばかりのiPhone(アイフォーン)4Sに は日本製部品が多数使用されている印象と大和証の西村氏。日本のテ クノロジー株には、「今後の展開への期待も出ている」と話していた。

資源や非鉄も急伸、ECB会合控え売買低調

業種別では非鉄金属、石油・石炭製品、鉱業など資源関連の上げ も顕著で、これらが東証1部の業種別上昇率上位に並び、商社株も堅 調。欧米不安の後退、米原油在庫の予想外の減少などを手掛かりに、 きのうのニューヨーク原油先物11月限は前日比5.3%高の1バレル=

79.68ドルと、4日ぶりに急反発。銅も上昇するなど国際商品市況の 堅調が好感された。

上昇率1位の非鉄については、課徴金リスクを織り込むも株価は 下げ過ぎとメリルリンチ日本証券が指摘した住友電気工業が反発。S MBC日興証券が新規に調査を開始し、高機能携帯電話(スマートフ ォン)など向けの電磁波シールドフィルムが7-9月以降の業績を大 幅に成長させる可能性が高いとしたタツタ電線も急伸した。9月以降、 TOPIXがことし安値を付けた前日までの東証1部33業種の騰落 状況を見ると、非鉄は21%安と下落率1位で、買い戻し優勢のきょう の相場を象徴した。

このほか、2012年2月期の連結営業利益予想を過去最高に増額修 正したイオンも5%高。クレディ・スイス証券などが、上方修正幅は 想定以上と評価した。自動車生産の早期回復で部品向け繊維、樹脂の 販売が増え、4-9月期の連結営業利益が従来予想並みの前年同期比 41%増の600億円を確保したもよう、と6日付の日本経済新聞朝刊が 報じた東レも高い。

東証1部の売買高は概算で16億2811万株、売買代金は同1兆611 億円。きょうの欧州中央銀行(ECB)定例政策委員会を控え午後は 様子見ムードも強く、売買代金は9月21日以来の低水準だった。値上 がり銘柄数は1321、値下がりは251。