米国株:続伸、欧州が危機対応で行動との観測-米経済統計も好感

米株式相場は続伸。S&P500 種株価指数は2日間の上げとしては約1カ月ぶりの大幅な上昇となっ た。米経済統計が予想を上回ったことが好感された。欧州当局は債務 危機の収束へ向けた措置を実施するとの観測が広がったことも手掛か り。

アルミ生産最大手の米アルコアを中心に、景気敏感株が上昇した。 銀行株も高い。モルガン・スタンレーは3.4%高。種子開発最大手、 米モンサントは5.2%高。2012年度の利益見通しが好感された。ヤ フーは2008年以来の大幅高。米マイクロソフトがヤフー買収案提示 を検討しているとの報道が手掛かり。アップルは1.5%高と、1998 年以来で最長の連続安となる前で踏みとどまった。

S&P500種株価指数は前日比1.8%高の1144.03。同指数は 過去2日間の上げは4.1%となった。ダウ工業株30種平均は

131.24ドル(1.2%)上げて10939.95ドル。

ペンション・パートナーズの主任投資ストラテジスト、マイケ ル・ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は「株式市場は一気にトレンドを 覆すだろう」とし、「これまで大きなパニックに陥っていた。金融セ クターでは評価見直しがあるはずだ。欧州で何らかの資本増強がある との観測がそれを後押しするかもしれない。あるいは既に底打ちした ことも十分に考えられる」と述べた。

株式相場は前日、欧州当局者らが域内銀行の資本増強の手段を検 討しているとの観測を受け、日中の下げから反転した。4日のS&P 500種は、弱気相場入りの目安となる4月の年初来高値から20%下 げた水準をいったん下回った後、一転して2.3%高まで急伸して取引 を終えた。同指数は欧州の債務危機懸念を背景に、4月29日からこ れまで16%下落した。

「バッドバンク」

国際通貨基金(IMF)は、EU当局者らがユーロ圏のソブリン 債危機封じ込めに向け、銀行資本を強化する計画について作業を進め ていることを明らかにした。フランスとベルギーは、デクシアの不良 資産の受け皿となる「バッドバンク」の設立を表明した。メルケル独 首相は、欧州の救済基金は銀行救済のための最後の砦としてのみ使わ れるとし、投資家はギリシャ救済で一段の損失受け入れを強いられる 可能性があると指摘した。

米経済統計が予想を上回ったことも投資家の買いを誘った。オー トマティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・ サービシズがこの日発表した9月の民間部門の雇用者数は前月比で9 万1000人の増加。米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製 造業総合景況指数は53と、前月の53.3から低下した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は52.8だった。

銀行株が高い

モルガン・スタンレー景気循環株指数は2.7%上昇した。景気動 向の目安とされるダウ輸送株平均も2.7%高。アルコアは2.7%上げ て9.37ドル。

24銘柄で構成されるKBW銀行指数は1.1%上昇。一時2.5% 下げる場面も見られた。モルガン・スタンレーは3.4%高の14.48 ドル。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は0.2%高の5.77ドル。 一時は4.3%下げていた。

モンサントは5.2%高の66.25ドル。同社の9-11月(第1四 半期)利益がアナリスト予想を上回る見通しとなったことが好感され た。中南米で遺伝子組み換え穀物の種子の需要が高まった。

ヤフーは10%高の15.92ドル。マイクロソフトがヤフーに対し て共同買収案を提示する可能性があるとのロイター通信の報道が手掛 かり。アップルの終値は1.5%高の378.25。前日までの7営業日で 同社株は7.9%下落していた。