人民銀の李委員:中国は8-9%成長維持、元は年内4-5%上昇へ

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の李稲葵委員は、人民元は年内にドルに対して4-5%上昇す るとの見通しを明らかにした。

李委員は4日にチリでの会議で、人民元の上昇は米経済の助けと はならないとの考えを示した。為替相場の対抗措置として関税を課せ ば、「米国は中国以外の国々からの輸入を増やすことになる」とし、こ うした展開はコスト増につながりインフレ圧力を高めることにつなが ると指摘した。同委員は、グローバリゼーションへの不信感の高まり が実際の問題であり、米上院の対中制裁法案審議は「氷山の一角にす ぎない」と評した。

人民元は対ドルで過去1年間に5.2%、5年間で24%それぞれ上 昇している。

また李委員は、中国では年8-9%の成長が続くと予想し、従っ て追加の刺激策は必要ないとの認識を示した。中国の景気減速が資源 国にとって災難になることはないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE