EU財務相、域内銀行の自己資本増強へ協調手段を検討-FT紙

欧州連合(EU)の財務相らは、 現在直面する金融危機を銀行が切り抜けられると金融市場を納得させ られなかったとの認識を踏まえ、域内各銀行の資本増強で協調する手 段を検討している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が複数の 当局者の話を引用して伝えた。

同紙によれば、EUの行政執行機関である欧州委員会のレーン委 員(経済・通貨担当)は、財務相らは「切迫感」を抱いており、域内 で連携・協調したアプローチが必要との「共通認識」を持っていると した上で、「安全性を一段と高めるために欧州の銀行の資本基盤は強化 されなければならない。これにより不透明感が和らぐ」との認識を示 した。

実行に移すための「正式な決定」にはまだ至っていないと同委員 は語った。同紙によると、域内全域を対象にしたこのイニシアチブで は、域内銀行各行をテコ入れするメカニズムを各国すべてが備えてい ることを明確にする措置が最初の段階になる可能性があるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Blanche Gatt at +44-20-7392-0351 or bgatt@bloomberg.net