NY金:反落、1週間ぶり大幅安-株安の穴埋めで金に利益確定の売り

ニューヨーク金先物相場は反落。 1週間ぶりの大幅安となった。他の市場での損失を穴埋めするため金 の利益を確定する動きが広がった。

S&P500種株価指数は弱気相場入りの領域に下落した。第2 次ギリシャ救済が白紙に戻れば、欧州債務危機の波及で銀行の経営が 脅かされるとの懸念が強まった。商品24銘柄で構成するS&PのG SCI指数は10カ月ぶりの低水準となった。銀と銅、鉛が特に下げ た。金は先月6日に1923.70ドルと過去最高値を更新して以降、 16%値下がりしている。

商品調査会社ロジック・アドバイザーズ(ニュージャージー州) のパートナー、ウィリアム・オニール氏は電話インタビューで「市場 が全体的に神経質になっているため、金だけでなくすべての資産で手 仕舞いの動きがみられる」と指摘。「リスク回避の心理が働いている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比41.70ドル(2.5%)安の1オンス=1616ドルで 終了。終値では先月26日以来の大幅下落となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE