グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が4営業日続落。政策当局が欧 州債務危機を解決するとの楽観的な見方が後退して欧州関連銘柄の一 部が下げたことや、資源株の下落が響いた。

欧州を最大市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス (330 HK)は4.8%安。時価総額で英国2位の銀行、スタンダード チャータード銀行(2888 HK)は5.3%安。商品安を受けて、中国 海洋石油(CNOOC、883 HK)は6.7%の下げ。時価総額で中国 最大の銅生産会社、江西銅業(358 HK)も6.7%値下がりした。

売り上げの約4分の3を香港市場に依存する不動産開発のワー フ・ホールディングス(九龍倉集団、4 HK)は6.3%下落。格付け 会社フィッチ・レーティングスが、香港の住宅相場はバブルの可能性 があると指摘した。

ハンセン指数は前日比571.88ポイント(3.4%)安の

16250.27。指数を構成する46銘柄のうち、値上がりは4銘柄のみ だった。ハンセン中国企業株(H株)指数は同3.6%安の8102.58。 5日は祝日のため休場となる。

リッチランド・キャピタル・マネジメントのマネジングディレク ター、アレックス・アウ氏(香港在勤)は4日、ブルームバーグテレ ビジョンに出演し、「今の市場はトレーダーの相場で、ファンダメン タルズに基づくものではない」と述べた。

【中国株式市況】

7日までの中国株式市場は国慶節(建国記念日)の連休のため 休場となる。取引は10日に再開される。

【インド株式市況】

インド株式相場は3営業日続落。指標のセンセックス30種指数 は5週余りの安値を付けた。格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスがインドステイト銀行の財務格付けを引き下げたことか ら、銀行株が売られた。

インド最大の銀行、ステイト銀は4%急落し、約2年ぶり安値と なった。ムーディーズは同行資産の質の劣化を理由に、ステイト銀の 単体財務格付けを「C-」から「D+」に引き下げた。民間銀最大手 のICICI銀行は4.6%下落。国内最大のトラックメーカー、タ タ・モーターズは4.5%下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比286.59ポイ ント(1.8%)安の15864.86と、8月26日以来の安値で引けた。 一時は15745.43まで落ち込み、昨年11月5日に付けた高値

21108.64を25%下回る水準となった。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は1787.20ルピー。これは 2009年9月4日以来の安値。ICICI銀(ICICIBC IN)は

800.95ルピー。タタ・モーターズ(TTMT IN)は146.70ルピー で終了。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比24.9ポイント(0.6%)安の3872.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比63.46ポイント(3.6%)安の

1706.19。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比33.90ポイント(0.5%)高の7047.87。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比90.38ポイント(3.5%)安の2531.02。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比6.14ポイ ント(0.5%)安の1361.38。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比13.86ポイント(1.6%)安の855.45。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比79.26ポイント(2.4%)安の

3269.45。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比35.91ポイント(0.9%)安の

3829.92。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE