商品相場:今後1年で20%上昇も、新興市場の成長で-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、商品相場が今後1年で20%上昇する可能性があるとみて いる。新興市場の成長が欧州のソブリン債危機と先進国の景気減速の 影響を打ち消すという。

ジェフリー・カリー氏ら同社アナリストは4日付リポートで、 今後1年の商品投資について「オーバーウエート」とするようあらた めて投資家に促した。短期的には「ニュートラル」という。2012年 の原油と銅の見通しは下方修正した。

ゴールドマンのジャン・ハッチウス、ドミニク・ウィルソン両エ コノミストは3日付リポートで、来年の世界経済成長率見通しを

3.5%とし、これまでの4.2%から引き下げた。

カリー氏は、同社エコノミストによる成長率予想引き下げは欧 州が最もきついものの、「新興市場の成長見通しが依然として相対的 にしっかりしている。12年の需要拡大は主要な商品相場を引き締め るのに十分だと引き続き考えている」と記した。

ゴールドマンは、ロンドンで取引されている北海ブレント原油 が来年、平均で1バレル=120ドルで推移すると予想。従来見通しの 130ドルからは引き下げた。ロンドン金属取引所(LME)の銅先物 (3カ月物)については、12年の価格見通しを1トン=9200ドル と、これまでの1万790ドルから下方修正した。