欧州経済に暗雲、景況感悪化と米減速で-S&Pが見通し下方修正

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は4日、欧州市場の景況感悪化と米国の景気減 速見通しが欧州経済の先行きに重しとなっているとの見方を示した。

S&Pはリポートで、2012年のユーロ圏GDP(域内総生産)伸 び率予想を1.1%に下方修正した。これまでは1.5%と見込んでいた。 英国については12年成長率見通しを1.7%と、今年8月に示した

1.8%から若干引き下げた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Maria Ermakova in London at +44-20-3216-4757 or mermakova@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE