みずほ証:元野村の揚村氏、グローバル・マーケッツのヘッドに起用

みずほ証券は元野村ホールディング スの揚村康男氏をグローバル・マーケッツのヘッドに起用した。同氏は 野村でグローバル・マーケッツ部門の最高経営者(CEO)を務めてい た。

揚村氏(57)は1日付で常務取締役として着任した。グローバル・ マーケッツ責任者のほか、グローバル・リサーチ本部の共同本部長に就 く。同氏は野村証券で08年まで常務執行役を務め、その後は参事を経 て09年には顧問に就いていた。

みずほ証でグローバル・マーケッツ部門のヘッドと米国みずほ証券 の会長を務めていたジェームス・リード氏は6月に退社していた。

みずほ証の2011年3月期は債券トレーディング損失などで293億 円の赤字だった。10月3日発表の「業務基盤再構築プログラム」では年 度内の700人程度の人員削減や役員報酬カットを決定。市場・商品業務 基盤の強化に向け、国内外の機関投資家との取引拡大を目指す。セクタ ーアナリストの強化やトレーディング戦略の多様化も進める方針だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE