ゴールドマン:世界の成長率見通しを下方修正-独仏の景気後退見込む

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、2011年と12年の世界の経済成長率見通しを下方修正し た。欧州経済の失速からドイツとフランスがリセッション(景気後 退)に陥り、米国ではマイナス成長のリスクが高まるとみている。

同行のジャン・ハッチウス、ドミニク・ウィルソン両エコノミ ストは3日付のリポートで、世界の経済成長率見通しを今年3.8% (従来予想は3.9%)、来年3.5%(同4.2%)にそれぞれ引き下げ た。

両エコノミストは「ユーロ圏の経済・金融情勢のさらなる悪化 が、世界経済の成長率見通しの大きな下方修正につながった」と説 明。「向こう数四半期にドイツとフランスが緩やかなリセッションに 入り、ユーロ圏周辺国でより深刻な落ち込みを予想している」と述 べた。

同行はユーロ圏の12年の経済成長率をプラス0.1%とし、従来 予想のプラス1.3%から下方修正。今年はプラス1.6%を見込んでい る。

米国については今年がプラス1.7%、来年は1.4%と予想。従来 予想では来年を2%としていた。両エコノミストは「主に金融環境 の引き締まりを通じて、ユーロ圏から副次的な影響が強まっており、 これが米国の見通しをさらに引き下げた主な理由だ」と説明。「米国 がリセッションに再び陥るリスクは40%前後ある」と予想している。