タイガー・ウッズ、世界ランク上位50位から転落-1996年以降で初

けがからの復活に苦しむタイガー・ ウッズ(米)は、1996年10月以降初めて、男子ゴルフの世界ランキン グの上位50位から転落した。

3日に発表された公式世界ゴルフランキングによると、ウッズは 51位。それまでは780週連続で50位内にとどまっていた。

ウッズ(35)の昨年末時点の順位は2位だった。今年のメジャー 最終戦となる8月の全米プロ選手権で予選落ちしたほか、米PGAツ アーのプレーオフシリーズ出場を逃した。PGAツアー71勝のウッズ は、今季はアキレスけんとひざの負傷で4カ月近く試合から遠ざかり、 2009年11月以降は未勝利。メジャー大会では14回の優勝経験がある が、4月のマスターズ・トーナメントでは4位タイに終わっている。

上位3位は、いずれも英国のルーク・ドナルド、リー・ウェスト ウッド、ロリー・マキロイだった。米国人選手の最高位は4位のステ ィーブ・ストリッカー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE