財務相:ギリシャ救済を即時実行し、円高・ユーロ安に歯止めを

安住淳財務相は4日午前の閣議後 会見で、ギリシャの財政問題を受けた円高・ユーロ安の進行について 「極端な円高・ユーロ安に歯止めを掛けるためにも、ギリシャ救済を 市場にプロセスが見えるようにしてもらいたい」と述べ、欧州金融安 定ファシリティー(EFSF)の機能拡大など救済策を急ぐべきだと の認識をあらためて示した。

また、3日のノワイエ仏中銀総裁の会談で「ギリシャへの救済策 を即時実行に移さなければ、ギリシャ支援の先行き不透明感は払しょ くできない」との考えを直接伝えたことも明らかにした。

同日午前の日経平均株価は欧州の財政問題や円高を背景に一時 180円以上値を下げている。これに対し、財務相は「日本の上場企業 の実力から見れば株は安過ぎる。輸出産業にとっての円高は企業努力 を上回る不安定要因になっている。日本企業が正当に評価される市場 になってもらいたい」と述べ、今年度第3次補正予算に盛り込んだ円 高対策によって支援する考えを強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE