米ガソリン輸出が過去最高水準-タンカー海運レート、17%上昇か

米国のガソリンなど石油精製品の 輸出が過去最高水準に達していることから、運搬船の供給過剰が来年 解消され、海運レートが3年ぶりの高水準に達するとの見方が広がっ ている。

米エネルギー省のデータによると、中南米向けを中心に1-9月 の輸出は前年同期比で24%増加した。ブルームバーグがアナリスト7 人を対象に実施した調査の中央値では、自動車約80万台に供給可能な 量のガソリンを輸送できる中型船の用船コストは来年、17%上昇し1 日当たり1万4000ドルになると予想されている。

米国の原油生産は1-9月に1.7%増加した。一方、ガソリン需要 は7月に3.7%減少し同月としては11年ぶりの低水準となった。原油 や石炭の運搬船の運航は少なくとも向こう2年間赤字になると予想さ れているが、石油精製品の運搬船は12年にも損益分岐点に達する可能 性がある。米資産家のウィルバー・ロス氏は先月、海運業界への初の 投資を完了。燃料運搬船30隻を購入する投資家グループに加わった。