加ヘッジファンドのサリダCEO:「破綻していない」-観測事実無根

カナダのヘッジファンド運用会 社サリダ・キャピタルのコートニー・ウルフ最高経営責任者(CEO) は、同社が破綻したとの観測は「事実無根だ」と述べた。

ウルフCEOは3日の電話インタビューで「サリダはどこにも行 かない。破綻していない」と語った。

ウルフCEOは「主要」顧客と連絡を取っており、ファンド資金 の償還は増加していないと説明。うわさは株式市場の変動率が大きい ために流れ始めた可能性があると指摘した。サリダは、同CEOと代 表者らが2009年、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏とニュー ヨークで昼食を共にする権利を168万米ドル(現在のレートで約1億 3000万円)で落札したことで知られる。

ウルフCEOは「当社は他社同様に市場で困難な状況に直面して いる。どの企業にとっても変動率は高い」と述べた。

サリダは先月、投資家に対し同社が運用する「サリダ・スタラテ ジック・グロース・ファンド」の8月の運用成績がマイナス16%、年 初来ではマイナス19%となったことを明らかにした。

ウルフCEOは5月にトロントで開かれた会議で、商品相場は修 正局面にあり、反発するとの見通しを示していた。この時、同CEO は、サリダの運用資産は約9億米ドルで、天然資源に重点を置き、約 50%をカナダ国内に投資していると述べた。

関連ニュースと情報:

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Sean B. Pasternak in Toronto at +1-416-203-5720 or spasternak@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Scanlan at +1-416-203-5722 or dscanlan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE