オバマ米大統領:12年大統領選は劣勢-有権者の生活水準向上せず

オバマ米大統領は2012年の米大 統領選挙について、有権者は4年前よりも経済的に豊かになっていな いと述べた上で、「米経済を見る限り」大統領自身が劣勢であること に間違いないとの認識を示した。

大統領はABCニュースとヤフーとのインタビューで、「金融危 機の発生前、そしてわれわれが経験した今回の異例のリセッション (景気後退)前よりも有権者の暮らし向きは良くなっていない」と語 った。

大統領は、12年の大統領選挙は劣勢であることを認めた上で、 「気にしていない。劣勢の立場には慣れている」と指摘、「ただ、最 終的に有権者は『誰が将来のビジョンを持っているのか』を問うだろ う」と語った。

ABC放送が3日報じたABCニュース/ワシントン・ポストの 最新の世論調査によると、過半数の55%がオバマ大統領は1期限りと 回答、再選を予想したのは37%にとどまった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE