NY銅:0.15セント安の1ポンド=3.1505ドル-一時3ドル割れ

3日のニューヨーク銅先物相場は一 時1ポンド=3ドルを割り込み、14カ月ぶりの安値を記録した。各国経 済の失速で、工業用金属への需要が減少するとの兆候から値を下げた。

ユーロ圏の9月の製造業活動は2カ月連続で縮小。日本銀行が全国 の企業1万社以上を対象に行った企業短期経済観測調査(短観、9月調 査)は、震災前の3月調査の水準には達しなかった。

キングズビュー・ファイナンシャル(シカゴ)の市場ストラテジス ト、マット・ジーマン氏は電話インタビューで、「銅市場は多くの打撃 を受けている。市場参加者は経済に前向きな見通しを持っていない。そ れが結論だ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は前週末比0.15セント安の1ポンド=3.1505ドルで終了。一 時2.994ドルと、2010年7月20日以来の安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE