FRBのツイストオペ始動、2036-41年償還の国債25億ドルを購入

連邦準備制度理事会(FRB) は3日、償還期限2036年から2041年の米国債25億ドルを購入し た。FRBは先月、借り入れコストの上昇を抑制するため、保有する 4000億ドル相当の短期債を長期債に乗り換える措置を発表。今回は その実施第1弾となった。この措置はオペレーション・ツイスト(ツ イストオペ)と呼ばれている。

ニューヨーク連銀の発表資料によると、差し出された15銘柄 の国債のうち、14銘柄を購入した。