ベルギーのデクシアなど欧州金融株が大幅安-資金調達難の懸念高まる

3日の欧州株式市場では、ベル ギーのデクシアや仏ソシエテ・ジェネラルを中心に金融株が下落。金 融機関が資金調達難に直面しているとの懸念が高まっている。

デクシアはブリュッセル株式市場で一時14%安と、2009年3 月以来で最大の値下がりとなった。同社は2008年にフランスとベル ギーに救済されている。米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは、同社の事業部門について格下げの方向で見直してい ることを明らかにした。ソシエテの株価は一時9.8%下落した。

ムーディーズは、「資金調達が困難な市場が広がっている状況 にあり、デクシアの流動性は一段と悪化すると懸念している」と指摘 した。

デクシアの広報担当者は、ブルームバーグの取材に対し電話で の返答を避けた。

ブリュッセル株式市場で午後0時19分現在、デクシアの株価 は前営業日比12.1セント(8.4%)安の1.33ユーロ。パリの株式 市場ではソシエテとBNPパリバの株価がそれぞれ5.7%と5.8% 下落した。