BOAアナリストのキッサン氏、クレディ・スイスに移籍-関係者

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)のテクノロジーアナリスト、ジェームズ・キッサン氏はラ イバルのクレディ・スイス・グループに同業界担当者として採用され た。今回の移籍を直接知る関係者3人が明らかにした。

移籍が非公開であるとして関係者の2人が匿名で語ったところに よると、キッサン氏の退社は自らの意思によるもので、BOAの人員 削減の一環ではない。BOAの2008年7月の資料によれば、同氏 はマネジングディレクターとして同行に入行するまでベアー・スター ンズで11年間、テクノロジー企業を担当していた。

キッサン氏はこれまでマスターカードやウエスタンユニオンなど、 電子決済に従事する企業を主に担当。実績が評価され同氏は金融誌イ ンスティチューショナル・インベスターズの2000年「オールアメリ カ・リサーチ・チーム」に選ばれた。

BOAの広報担当スーザン・マッケーブ・ウォーリー氏とクレデ ィ・スイス広報のカレン・ラウレアーノリカードセン氏はいずれもコ メントを控えた。