グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が2009年以来の安値で引けた。 中国経済が減速しつつあるとの懸念に加え、先週末発表された8月の 米個人消費支出(PCE)の伸びが鈍化し、個人所得が減少したこと が響いた。

リョービの電動工具などの生産を手掛けるテクトロニック・イン ダストリーズ(創科実業、669 HK)は8.3%安。同社は北米を最大 市場としている。時価総額で中国2位の保険会社、中国平安保険(集 団、2318 HK)は13%安。不動産の中国海外発展(688 HK)は 11%安。

商品相場安が嫌気され、時価総額で中国最大の銅生産会社、江西 銅業(358 HK)は12%値下がり。景気が業績の重しとなるとの懸 念で、マカオのカジノ運営会社、銀河娯楽(27 HK)は19%下げた。

ハンセン指数は前週末比770.26ポイント(4.4%)安の

16822.15と、終値としては09年5月以来の安値となった。指数 を構成する46銘柄のうち42銘柄が値下がりした。同指数は7-9 月に四半期ベースで10年ぶりの大幅安となった。ハンセン中国企業 株(H株)指数は前週末比5.7%安の8408.26。

リンセアン・ホールディングスのマネジングディレクター、フラ ンシス・ルン氏は、「投資家は株式市場から撤退し、相場が底打ちす るのを待とうとしている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場は国慶節(建国記念日)の連休のため休場。取引は 10日に再開される。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。四半期ベースで3年ぶりの大幅下落とな った第3四半期の流れが続いている。ルピー安が原料輸入コストを高 める懸念や、製造業の拡大ペース鈍化が重しとなった。

不動産開発でインド最大手のDLFは8.3%安と1年11カ月 で最大の下落。HSBCホールディングスとマークイット・エコノ ミクスのこの日の発表によると、9月の製造業の拡大ペースは2年 半ぶりの低水準だった。金利上昇が需要の足かせになっているとみ られる。ルピーは1週間ぶりの安値。一段の金利上昇が与信の伸び を抑えるとの観測でICICI銀を初め銀行株も安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前週末比

302.31ポイント(1.8%)安の16151.45。

DLF(DLFU IN)の終値は200.75ルピー、ICICI銀 (ICICIBC IN)は4.2%安の839.10ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前営業日比111.6ポイント(2.8%)安の3897.0。

【韓国株式市況】

韓国株式市場は開天節(建国記念日)のため休場。取引は4日 に再開される。

【台湾株式市況】

加権指数は前営業日比211.41ポイント(2.9%)安の

7013.97。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前営業日比53.76ポイント(2.0%)安の

2621.40。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前営業日比19.61 ポイント(1.4%)安の1367.52。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比46.90ポイント(5.1%)安の869.31。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比200.32ポイント(5.6%) 安の3348.71。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前営業日比133.82ポイント(3.4%) 安の3865.83。