ECBノボトニー氏:市中銀行への1年物融資再開に前向き-余地十分

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、市中銀行 向けの1年物融資の再開に前向きな姿勢をあらためて示した。

ノボトニー総裁は3日、ウィーンでの会議で「銀行に追加流動 性を供給する余地は十分にある。銀行には担保として中銀に差し出 す資産が十分にあるからだ」と語った。「期間が長めの流動性が市 場で確保しにくいのは問題だ」とも述べた。

ECBは現在、最長で6カ月の資金を、適格の担保がある限り 無制限に銀行に供給している。債務危機悪化の中で銀行は相互の資 金融通に慎重になり、ECBへの翌日物預金は先週、1年余りで最 高に達した。

ECBは2009年12月を最後に1年物融資を中止したが、危 機拡大阻止のために国債購入は再開している。ノボトニー総裁は債 券購入について「量的緩和ではない」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE