ギリシャ国民の56%、デフォルト回避できないと予想-エスノス紙

ギリシャはデフォルト(債務不履 行)を回避できないと考える国民が増えていることが、マーク社が エスノス紙(日曜版)のために実施した世論調査で分かった。

それによると、調査対象者の56%余りがギリシャはデフォルト回 避不能と回答した。5月時点は54%、1月は40%だった。また57% は、ギリシャ政府の政策と構造改革加速へのコミットメントが成功し ないとみていることが分かった。

次回の融資を確実に受けるため、政府は構造改革を推進すべきだ との回答は56%。一方、改革しても何も変わらないとし、それがデフ ォルトや旧通貨ドラクマに戻ることを意味するとしてもギリシャ国民 は現行の構造改革計画を放棄すべきだとの回答が36%に上った。

調査は1005人を対象に、9月26-29日に実施された。