インド政府の一段の財政悪化、格付けの「重し」となる可能性-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティン グスは、インドの政府財政が一段と悪化した場合、同国の信用格付け に「重し」となる可能性を指摘した。

フィッチのアジア太平洋地域ソブリン・チーム責任者、アンドル ー・コルクホーン氏(香港在勤)は2日インタビューに応じ、インド が今後半年間の国債発行計画の規模を32%引き上げたことは、財政赤 字の対国内総生産(GDP)比を2011年4月-12年3月期に4年ぶ り低水準の4.6%とする目標は達成できないことを意味すると語った。 財政赤字の対GDP比は前の年の4.7%から、5.5%への拡大が見込ま れると分析した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 Akobari@bloomberg.net   Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeanette Rodrigues in Mumbai at +91-22-6120-3734 or jrodrigues26@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anil Varma at +91-22-6120-3661 or avarma3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE