上昇下落銘柄:商社、東エレク、商船三井、ソニー、住生活G、鹿島

日経平均終値は1.8%安の8545円48 銭、TOPIXは1.9%安の747.11ポイント。

<<下落>> ・商社:丸紅(8002)7.5%安の406円など。JPモルガンの岸本章アナ

リストは商社株について強気転換はまだ早いと指摘、「中立」継続

・東エレク(8035):3.1%安の3450円。東哲郎会長はブルームバーグ

のインタビューで、7-9月の半導体製造装置受注額が計画を下回っ

たもようと発言

・アドテスト(6857):6%安の797円。CLSAは市場環境悪化や米

社買収コスト増大などを理由に「売り」に格下げ、目標株価700円に

・JFEHD(5411):4.2%安の1511円。第2四半期決算で770億円の

投資有価証券評価損が発生と午前11時に公表

・ソニー(6758):4.5%安の1439円。シティG証は目標株価を2000円

から1900円に引き下げ

・パナソニク(6752):4.1%安の723円。シティG証は目標株価を1100

円から830円に引き下げ

・ダイキン(6367):4.5%安の2135円。モルガンMUFGは欧州空調

業を減収予想に変更、目標株価を3200円から2800円に引き下げ

・電線:住友電(5802)が12%安の809円で東証1部下落率1位、フジ

クラ(5803)が5.1%安の244円。野村証の松本裕司アナリストはカ

ルテル問題について、米国罰金は厳しくリスク要因、と3日付で指摘

・古河電工(5801):7%安の198円。JPモルガンは本業の悪化懸念

が高まっていると見て、目標株価を400円から200円に引き下げ

・ノリタケ(5331):8.7%安の253円。セラミック低調で通期営業益予

想を従来比27%減の22億円に

<<上昇>> ・住生活G(5938)3%高の2249円と07年9月5日以来の高値。野村

証の福島大輔アナリストは、住宅着工戸数が2カ月連続で年率90万

戸超となったことを3日付リポートで報告、同社株の推奨を継続

・プロミス(8574):15%高の759円ストップ高で一部配分。三井住友

Fによる同社の完全子会社化が30日に正式発表。TOB価格の780円

にさや寄せするとみられた

・アコム(8572):10%高の1651円で東証1部上昇率2位。業界再編期

待が継続

・鹿島(1812):4.7%高の269円。JPモルガンは復興関連工事で受

注拡大傾向と指摘、目標株価を250円から270円に変更

・タカラバイオ(4974):7.1%高の500円。ノーベル賞最有力候補に山

中伸弥京大教授と現地紙報道と3日付の読売新聞朝刊が転電。同社は

同教授らのiPS細胞作製技術に関する研究用途実施権保有