日銀短観は、建設、小売、サービス株にポジティブ-メリル日本証

菊地正俊・株式ストラテジストら は、引き続き内需業種を推奨すると3日付の投資家向けリポートで指摘 した。

・建設は9月実績と12月予想を比べると、プラス5改善の見通し ・小売は12月にマイナス8の悪化を見込んでいるが、所得増税1年先送

りで12月はこれほど悪化しない。ポジティブサプライズに ・サービスは宿泊・飲食と対個人が12月にかけ緩やかな改善の見通し ・12月に大幅な改善と見込む鉄鋼は、中国経済の減速懸念が強まってい

ることを鑑みると過度な期待 ・自動車は、欧米経済不振やドル・円レートが81円と現実離れした前提

で、ネガティブサプライズになる公算も