スペインが地域金融機関3行を管理下に、資本増強コスト75.5億ユーロ

スペイン銀行(中央銀行)は政府 が定めた新たな最低資本基準を期限までに達成できなかった地域金融機 関3行を管理下に置いた。

30日の発表資料によると、スペイン政府の銀行救済基金である 「銀行再建基金(FROB)」は、カイシャカタルーニャとノバカイシ ャガリシア、UNNIMが経営している銀行を管理する。スペイン中銀 によると、3行と経営破綻して7月に国有化されたカハ・デ・アオロ ス・デル・メディテラネオの資本増強コストは計75億5000万ユーロ (約7800億円)になるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE