中国アリババの馬会長:米ヤフーの買収に「非常に関心がある」

中国の電子商取引運営会社アリバ バ・グループ・ホールディングの馬雲(ジャック・マ)会長は、最高経 営責任者(CEO)を先月解任した米インターネット企業ヤフーの買収 に「非常に関心を持っている」と述べた。

馬会長は米カリフォルニア州パロアルト近郊のスタンフォード大学 で開かれたイベントで講演し、ヤフーや買い手になり得る他の人々と協 議したことを明らかにした。アリババ・グループは米ヤフーが40%を 出資している。

同会長は質疑応答でヤフーを買収するのかとの質問に対し、「われ われはヤフーに非常に関心を持っている。アリババ・グループはヤフー にとって極めて重要であり、ヤフーは当社にとっても非常に重要である ためだ」と答え、「ヤフーに関心を持つ人々はとても多い。われわれは 彼らとも話をしている」と語った。

ヤフー幹部は先週の文書で、戦略上の選択肢に関心を持つ「複数の 相手から」の問い合わせに対応していることを明らかにしていた。馬会 長が持つヤフーとの関係は取引をまとめる上で利点になると、ガベリの アナリスト、ブレット・ハリス氏は指摘した。

ヤフーの広報担当、デーナ・レングキーク氏はコメントを控えてい る。