NY外為(30日):ドルと円が上昇、世界経済の減速懸念で

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルと円が上昇。世界経済減速の兆候が強まり、逃避需要が高まった。

ユーロは円に対し、月間ベースでは1年余りで最大の下げとなっ た。この日発表された8月のドイツ小売売上高指数は市場予想より大 幅な低下となり、米個人消費は伸びが鈍化した。ニュージーランド (NZ)ドルも下落し、週間ベースでは2週連続安となった。米格付け 会社スタンダード・アンド・プアーズがフィッチ・レーティングスに続 きニュージーランドの信用格付けを引き下げたことが背景にある。スイ ス・フランはユーロに対して上昇。スイス国立銀行がフランの上限を防 衛する姿勢を示したものの、買い進まれた。

トラベレックス・グローバル・ビジネス・ペイメンツの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏は「きょうの動きは、この四半期を通じて苦 しい環境が続いた為替市場の状況を良く表している。世界経済への懸念 に加え、長期間続いているユーロ圏の債務危機だ」と指摘。「全体的に 見て、ドルは対ユーロでしっかりと上昇している」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比

1.5%高の1ユーロ=1.3387ドル。今月は7.3%上昇。円はこの日

1.3%上げて1ユーロ=103円12銭。今月は7%高。ドルは対円で

0.3%上昇し1ドル=77円06銭。

NZドルの下落

NZドルは1%安の1NZドル=0.7614米ドル。週間では2%、 月間では11%値下がりした。

ブルームバーグ相関加重指数によると、円は過去3カ月で12.6 %上昇と、先進10カ国通貨中で最大の上げ。ドルは7.1%上昇、ユ ーロは2%下げている。

ブラジル・レアルはこの日、対ドルで2.1%下げて1ドル=

1.8794レアルと、主要通貨中で最も下げた。カナダ・ドルは一時1米 ドル=1.0504カナダ・ドルと、2010年9月8日以来の安値を付けた。

スイス中銀のヒルデブランド総裁は29日、ジュネーブでのイベン トで、フランの上限を断固として守る考えを表明した。総裁は「あらゆ る措置を利用しフランの上限を防衛する」と述べた。

フランは対ユーロで0.3%高の1ユーロ=1.2157フラン。一時

0.6%高まで買い進まれた。

ECB政策見通し

ユーロ圏の債務危機が域内経済に悪影響を及ぼしつつある兆候が 見られることから、欧州中央銀行(ECB)が来週の政策決定会合で 利下げを実施するとの見方も出ている。

クレディ・スイス・グループの指数によれば、スワップのトレーダ ーはECBが向こう1年間で0.4ポイント利下げすると予想している。 8月初めの時点では0.25ポイントの利上げが見込まれていた。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・ フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「欧州経済は減速している。 だが追加緩和を正当化できるほどではない」と指摘。「ECBの措置で ユーロは来週若干上げそうだが、これまでの急激な下げからの一時的な 戻りにとどまるだろう」と続けた。