コンテンツにスキップする

9月30日の欧州マーケットサマリー:株が反落、ドイツ国債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3447 1.3597 ドル/円 77.14 76.83 ユーロ/円 103.73 104.48

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 226.18 -2.72 -1.2% 英FT100 5,128.48 -68.36 -1.3% 独DAX 5,502.02 -137.56 -2.4% 仏CAC40 2,981.96 -45.69 -1.5%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .55% -.05 独国債10年物 1.89% -.12 英国債10年物 2.43% -.10

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,620.00 +7.00 +.43% 原油 北海ブレント 103.46 -.49 -.47%

◎欧州株式市場

30日の欧州株式相場は反落。ストックス欧州600指数は四半 期ベースで2008年以降、最大の下げとなった。中国の製造業購買 担当者指数(PMI)が前月同様に50を下回り製造業活動の縮小を 示唆したほか、ドイツの小売売上高指数が前月比で低下。景気鈍化の 懸念が強まった。

ドイツ銀行は大幅安。利益目標を下方修正する可能性があるとの 独紙ハンデルスブラットの報道が売りを誘った。8月の小売売上高指 数が約4年ぶりの大幅な低下となったことを背景に、ドイツの小売り 最大手メトロも安い。オランダの家電メーカー、フィリップスはHS BCが同社の売り上げ予想を引き下げたことを受けて下落した。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%安の226.18で終了。 週間ベースでは4.6%上昇した。当局者が欧州の債務危機収束へ向 けた取り組みを強化したことや、米国の失業保険申請統計と国内総生 産(GDP)が予想よりも改善したことが好感された。欧州株は四半 期ベースでは17%安と、08年以降で最大の下落。9月は月間で

4.7%下落し、5カ月連続で下げた。

センパー・コンスタンティア・プリバトバンク(ウィーン)のフ ァンドマネジャー、フィリップ・ムシル氏は「状況は非常に悪化し ている」と指摘。「当社は株への投資には非常に慎重になっている。 全般的に思わしくない指標が出ており、このままリセッション(景気 後退)入りするとの声が多い」と述べた。

30日の西欧市場では、18カ国中アイスランドを除く全市場で 主要株価指数が下落した。

ドイツ銀行は6.8%安の26.32ユーロ。メトロは4.3%安の

31.93ユーロ、フィリップスは4.1%下げて13.55ユーロだった。

◎欧州債券市場

30日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。世界的な株価下落と この日発表された8月の独小売売上高指数の大幅低下が手掛かり。

欧州で最も安全と見なされる独2年債は5営業日ぶりに反発。中 国の製造業活動の縮小を示唆する指数の発表や、米個人消費の伸び減 速が背景。ベルギー2年債は8営業日連続で上昇。政党間協議で財政 赤字が削減されるとの楽観的な見方が広がった。アイルランド債は四 半期ベースで、欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)の指数 がカバーする26市場の中で最高のリターン(投資収益率)となって いる。

ラボバンク・ネーデルラントのシニア市場エコノミスト、エルビ ン・デフロート氏(ユトレヒト在勤)は「リセッション(景気後退) が差し迫っているかもしれないとの懸念に、進行中の危機や当局の対 応方法への心配が混ざり合っている」と述べ、「現段階では依然とし て状況の多くが芳しくない方向に展開し得る。その意味でわれわれは ドイツ国債には強気な見方を維持している」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時25分現在、独10年債利回りは前日比 12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.89%。 週ベースでは14bp上げ、7月1日終了週以来で最大の利回り上昇 となった。同国債(表面利率2.25%、2021年9月償還)の価格は

1.11上昇の103.275。2年債利回りは5bp低下の0.55%。

独連邦統計庁がこの日発表した小売売上高指数(物価・季節調整 済み)は前月比2.9%低下。英HSBCホールディングスとマーク イット・エコノミクスが発表した9月のHSBC中国製造業購買担当 者指数(PMI)確定値は49.9と、3カ月連続で50を下回った。 同水準を下回ると製造業活動の縮小を意味する。米商務省が発表した 8月の個人消費支出(PCE)は、名目値で前月比0.2%増加。前 月は0.7%増(速報値0.8%増)に修正された。

ドイツなどユーロ圏のいわゆる中核国の国債は7-9月期に上昇。 経済指標を受けて欧州がリセッションに逆戻りするとの見方が広がっ たほか、債務危機への対応が各国ばらばらであることが材料となった。

ブルームバーグとEFFASがまとめた指数によると、独国債の 7-9月リターンはプラス7.2%。アイルランド国債は29%。一方、 イタリア国債はマイナス4.3%。ギリシャ債はマイナス25%だった。

この日のベルギー2年債利回りは5bp低下の1.80%。一時は

1.75%と、昨年12月9日以来の低水準となった。ギリシャ2年債 は4日続伸し、利回りは307bp低下の62.17%。10年債利回り は2bp下げ22.66%。アイルランド2年債は1週間ぶりに下落し、 利回りは42bp上昇の7.46%。

◎英国債市場

30日の英国債市場では、10年債が3週間ぶりの大幅高。世界 的な株価下落で安全資産としての英国債需要が高まった。

前日に続く10年債相場の上昇はまた、中国の製造業活動の縮小 を示唆する指数の発表や、米個人消費の伸び減速、ドイツの小売売上 高指数の低下にも支えられた。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーラン ド・グリーン氏(ロンドン在勤)は「英国債は株が下げるに伴って上 昇した」と指摘。「今日はリスク回避の日となり、ここ1週間ほどの 大半の状況とは逆だ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時46分現在、10年債利回りは前日比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.43%。一時 は13bp下げ、5日以来の大幅低下となった。同国債(表面利率

3.75%、2021年9月償還)の価格は0.930上げて111.585。 2年債利回りはほぼ変わらずの0.57%。

独連邦統計庁がこの日発表した小売売上高指数(物価・季節調整 済み)は前月比2.9%低下。英HSBCホールディングスとマーク イット・エコノミクスが発表した9月のHSBC中国製造業購買担当 者指数(PMI)確定値は49.9と、3カ月連続で50を下回った。 同水準を下回ると製造業活動の縮小を意味するとされる。米商務省が 発表した8月の個人消費支出(PCE)は、名目値で前月比0.2% 増加。前月は0.7%増(速報値0.8%増)に修正された。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の7-9月(第3四半期)のリター ン(投資収益率)はプラス8.1%。これに対しドイツ国債は7.2%、 米国債は6%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE