ゴールドマン:SMFG、みずほの2500億円のM&A助言業務を獲得

米ゴールドマン・サックスは、三井 住友フィナンシャルグループとみずほフィナンシャルグループが進め ているM&A(企業の合併・買収)で助言業務を獲得した。案件規模は 総額2500億円に上る。

ゴールドマンがフィナンシャル・アドバイザーを務めるのは、三井 住友FGによる消費者金融大手プロミスの完全子会社化と第三者割当 増資引き受け(約2000億円)。また、みずほFGによるベトコンバンク の株式15%(約435億円)取得案件も手掛けた。

三井住友は30日午後、公開買い付け(TOB)を通じ1株780円 でプロミス株の未保有分を総額約888億円で取得し、約1200億円の第 三者割当増資も引き受けると発表した。

ブルームバーグ・データによれば、国内の2011年のM&Aアドバ イザリーランキングでは、現在のところゴールドマンが首位。2位は野 村ホールディングスとなっている。

Editor: Kazu Hirano