コンテンツにスキップする

11年度の銅電線需要2.2%減、自動車・電力向け落ち込む-電線工会

日本電線工業会(東京都中央区)は 30日、2011年度の銅電線需要が前年度比2.2%減の66万8000トンになる との見通しを発表した。東日本大震災の影響で自動車向けが8.2%減の6 万4000トン、電力向けが9.2%減の6万4000トンとそれぞれ落ち込むと みている。一方、建設・電販向けは、仮設住宅向けの一時的な需要もあ り1.2%増の28万5000トンと増える見通しだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE