古河電工:反トラスト法違反で罰金、153億円特損計上-役員報酬返上

古河電気工業は30日、北米自動車部 品事業の米反トラスト法違法行為に関し同司法省と罰金2億ドル (約154億円)の支払いなどの司法取引で合意し、これに伴う損失を計 上すると発表した。特別損失の金額は153億円で、これに伴い2012年3 月期の純利益予想を従来予想比で74%減額し、30億円とした。同社はま た、役員報酬の一部返上を行うと発表。石原廣司会長と吉田政雄社長は それぞれ50%ずつ、3カ月間の役員報酬を返上する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE